バイオレットキング

バイオレットキング

 

母:ウインク
父:シャインマスカット

 

○特徴
平成20年に「ウインク(母)×シャインマスカット(父)に交配育種した、大きな粒は30gにもなる極大粒の2倍体品種である。
成熟期は9月上旬~中旬で、紅系の王様にふさわしい優雅な外観である。

裂果はなく、着色容易できれいな紅藤色に着色する。果汁はたっぷりで糖度は23度にも達する。
果梗(かこう)がしっかりしているので日持良く、紅系の大人気の品種である。只今、品種登録準備中。

 

○「雄宝」と「バイオレットキング」の比較

↑左「雄宝」、右「バイオレットキング」500円玉と比較

PAGE TOP ▲